外壁塗装 相場

外壁塗装の相場

住宅というのは築年数が増えれば増えるほど劣化はしていきます。
劣化症状の一つで一番外見でわかりやすい外壁が特に気になりますね。

 

外壁にヒビが入ってる
外壁を触ったら白い粉が手につく
外壁が汚れてる

 

これらは外壁が劣化してると判断できますし、もう劣化症状が出てるなら早めに外壁塗装の検討はした方が良いですね。
これから先何年、何十年も住む家なら尚更かと。

 

気になる外壁塗装の相場ですが

 

30坪で外壁塗装を行う場合の相場を確認するにしても、工事の内容や使用する塗料によって大幅に料金は変わってきます。

 

塗料にも

 

アクリル
ウレタン
シリコン
フッ素
その他、あまり聞いたことがないようなメーカー名みたいな塗料(?)

 

などと色々ありますので。

 

大体ですが、30坪なら70万円から100万円が大体の相場だと思っていいと思います。
私の家はウレタン塗料を選択し80万でした。

 

最近ではインターネットで一括見積もりが利用できるようになっており、一度の操作で複数の業者から見積もり額を提示してもらうことができるので便利です。
というか、最近は外壁塗装をする人の中で一括見積してから業者を選ぶ人が増えてます。
同じ内容でも依頼する業者が違うだけで30万円程度の差がでることなんて当たり前ですので。

 

ちなみに私も外壁塗装は一括見積りした人です。
訪問販売がきっかけで外壁塗装をすることになったのですが、訪問販売の業者は聞いたことないような塗料をおすすめしてきましたね。
独自ブランドの塗料で〜とか・・こちらの塗料はメーカーと〜とか色々言われました。
提示された外壁塗装の金額は180万ぐらいでした。たしか、200万を20万円引きで〜と言われましたので。

 

でも、一括見積りとかした結果80万円で外壁塗装ができたという(笑)
100万円ぼったぐりにあうところでしたね。。
まあ独自の塗料が優れていたらぼったぐりではないと思いますが・・(苦笑)

悪徳業者に騙されるなよ!!!!

上の方で書いた訪問販売の人。
私は悪徳業者だと思ってます(笑)

 

外壁塗装の件数はわかりませんが、リフォームに関する被害相談は1日約15件というデータがあります。

 

1日15件ですよ?

 

15×30日=450=1カ月450件も被害相談が・・!

 

そう考えると外壁塗装の業者は本当に厳選しないといけません。

 

個人的には最低2社は見積もりした方がいいですね。

 

私は4社しましたが4社とも提示された金額は違いました。

 

あ、訪問販売の会社を含めたら5社でした。。

 

訪問販売の会社が一番高かったですね。2番目に高い所と比較しても70万ぐらい差がありましたし^^;

 

悪徳業者に引っかからない方法ですが、相場を調べる際に使う一括見積りが一番簡単だと思います。

 

特に外壁塗装の窓口なんかは、かなり業者を厳選してます。
加入後の業者も評判次第では排除していってくれてるので優良業者だけが生き残っていくシステムを採用してるのも好評されてる一つでしょうね。

外壁塗装の施工の流れ

外壁塗装業者に提示された見積もりに納得し、契約したあとは工事が行われます。
今回はこの工事完了までの流れを分かりやすく解説しますので、参考情報としてお役立ていただければ幸いです。

 

まず、外壁の塗装は高所作業を伴いますので、安全に作業を進めることができるよう、足場の設営が行われます。
なお、いきなり組み立てはじめるのではなく、親切な業者だと近隣住民に人の出入りや音などで迷惑がかかることを伝えに挨拶まわりをしてくれます。
足場が完成したあとは、養生が行われます。
一般の人にはなじみのない言葉ですが、簡単にいうとこれは周囲の建物や不必要な部分に塗料などが飛散し付着してしまうのを防ぐ作業です。
外壁塗装の場合、シートやネットで建物を覆うことで、塗料や洗浄水の飛散が防止されています。

 

足場の設営と養生が完了したあとは、高圧洗浄の作業に移ります。
高圧洗浄機を使用することにより、外壁の汚れやホコリなどを取り除くのが目的の工程です。
この処理が甘いと後々になって塗料のハガレをはじめとする問題が起こりやすくなりますので、耐用年数に関わる非常に重要な作業といえるでしょう。

 

次に下地調整といって、塗料を塗っていく前の最後の準備をします。
はがれかけている外壁の塗料や鉄部分発生しているサビを除去するほか、ひび割れなどのダメージを改修、サビ止めの塗布も行われます。

 

下地の処理が終わったあとは、外壁の塗装工事に取り掛かります。
塗料を変えるなどして、複数回の重ね塗りが行われるのが一般的です。
具体的な塗る回数に関しては、下塗り、中塗り、上塗りで構成されている3回塗りの場合が多いですが、劣化がひどいなどの理由でこれより回数が多くなることもあります。

 

塗装工事が終了したあとは養生が取り外され、外し忘れがないか、塗り残しがないかなど、細かいチェックが行われます。
この仕上がり確認で問題がなければ足場が撤去され、顧客に引き渡されることになるのが一般的です。

外壁塗装中に職人さんにトイレを貸すか貸さないか・・

結論からいいますと、外壁塗装が完了するまでのあいだ、作業員にトイレを貸す必要はありません。
また、貸してほしいといってくるところもまずないと思っていただいて構いません。

 

ただ、トイレはどうしているのか気掛かりという人もいると思いますので説明しますが、仮設トイレが用意されることがあります。
屋外に設置されているトイレを作業現場で見たことがあるという人は多いでしょうが、これがあれば作業員は家に上がらず用を足すことが可能です。
外壁塗装が完了すればトイレは撤去されるので、後始末に関して心配する必要もありません。

 

また、外壁塗装のような比較的短期間で完了する作業の場合、仮設トイレが置かれないこともあります。
この場合も家のトイレを貸す必要はありません。
というのも、作業員は一日中、ずっと外壁塗装の作業をしているわけではなく、適宜休憩をとります。
この休憩のタイミングで食事をとったり、トイレに行ったりすることができますので、借りなくても済むのです。

 

そのほか、少し汚い話ではありますが、仮設トイレがなく休憩のタイミングでない場合に、小ではなく大のほうをもよおすことも十分にあり得る話です。
準備がいいところだと、車に簡易トイレを常備していますので、やはり家のトイレを貸さなくてもいいのです。

 

以上のことから、作業員がトイレのために家にあげてほしいとお願いしてくることはまずありません。
前述したような簡易トイレがなく、切羽詰った状態でお願いされることはあるかもしれませんが、これも日常茶飯事的に起こることではないでしょう。

 

なお、こうした緊急時の貸し出しですら勘弁してほしいという場合には、契約の段階で業者に希望を伝えておきましょう。
家にあげないことを条件にしておけば、トイレを貸したほうがいいのかどうかで頭を悩ませることは一切なくなります。
また、家にあげることがなければ、ものを盗まれてしまうのではないかなど、別のトラブルの心配をする必要もなくなり、安心することができるのではないでしょうか。